皴なくきれいに作れる缶バッジマシン

売ってる缶バッジでなくオリジナルの缶バッジマシンを使って缶バッチ作ってみたい方が最近増えていて、気に入ったキャラ、かわいいペット、子供の写真など好きな写真などを缶バッジでいつも持ち歩くバッグ、ジャケットなどにつけてみれば、ご機嫌な気分になれます。

そして、オリジナル缶バッジ作るのは、留め具を価値ッとはめて作り、ある程度力必要なのですが、よほど小さい子供出ない限りはほとんどの方は意外に簡単に作れます。

そして、缶バッジ作りで準備する材料ですが、これを作るためのキットとなります。子供用のおもちゃでも作る缶バッジの機械、キット一緒になったのが売られていて、最近使われてるのはダイソーなど100均などで買えるクルミボタンキット。

これも裏に安全ピンつけてみればしっかりバッジで使うことできます。そして、くるみぼたんのつくるほうほうですが何種かあって、伸びるラベルを使います。これは自宅プリンターで印刷できて、伸縮性あってある程度伸び、オリジナル缶バッジにしたとき仕上がりがきれいです。その他の材料はダイソーなど100均、手芸店で売られてるボタンキットだけ。くるみボタンキットはダイソーなど100均のほうが探しやすいです。そして早速ですが、初めて準覚えるのにゆっくりでよく土台の金具に対して印刷した紙しっかり真ん中来るよう張り付けて、カーブのところはゆっくりしてみてください。そしてコツ覚えると早く作れます。

これを作るのは楽しく方法をしっかり覚えていきましょう。そして作成ですが、まずイラスト、写真のプリントから出登るラベルは缶バッジ用イラスト印刷します。印刷したイラストマルクかっとして、くるみボタンキットに壁紙ついていて、その大きさ合わせカットしていきます。

自分で作る手順ですが、くるみボタン土台になる金具のビルラベル張っていって、ちょっとひっぱり気味で張ってみれば皴なくきれいに作れます。そして、余ったラベル用紙裏に織り込み打ち具に裏返して、その上に止め金具セットするのです。缶バ ッ チは便利です。