缶バッジマシンとスマイルの缶バッジ

レンガ通りの雑貨屋でスマイルの缶バッジを購入したのは。2000年騒ぎより前絵文字や顔文字がこんなにもはびこる前の話です。

顔文字などにはその有難みが分からないようですが、スマイルと言ったらラブ&ピースの象徴のようなキャラクタ―点の目と線の口といういたって簡単なつくりではあるがその効果は絶大でした。ラブ&ピースというのは、転げ落ちてみないとわからないようなHAPPYでした。こんなものが缶バッジの機械を使って作ったものかと感心しました。

その缶バッチは有難みが分かるだろうと言っては洗脳などのパターンだと思うのですが、先に転げ落として苦しみの後なにがしかの僥倖に出会うのだそうでした。僥倖なるものについて普通の状態では、信じられないようなものなのでしょう。

洗脳と呼ばれいびつな思想を持つに至るようでした。ラブ&ピースというものから転げ落ちるだなんて異常事態に陥ることがあるとは人はなかなか想像しにくいものだ。
缶バッジのイラストはいつに多彩だ。アニメばかりではない。様々な図柄でオリジナル缶バッジを作ることもできる。仲間同士でオリジナル缶バッジなどをつけるのは楽しい!と思うのだ。

仲間の印のようになるので簡単で楽しいものだ。ぜひ試してみてもらいたい。スマイルの缶バッジというのは、何か懐かしい思いをい思い出させるものです。古いロックンロールや崩壊していったと言われる古いラブ&ピースなるものだ。

世界の崩壊と言って結局は地球自体は予言通りにはいかず滅亡しませんでした。では、何が崩壊したのか?という問いの答えだ。古い世界のラブ&ピースが崩れていったとき世界が崩壊した!と思ったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA