缶バッチは機械を買って自作する?それとも作ってもらう?

缶バッチは現在業者の方に頼めば簡単に製作してもらえますが、中には缶バッチを自作したいと考えている方もいるかと思います。そこで自作をしたいと思っている方々に紹介したい商品ですがバンダイから販売されている缶バッチ製造機はどうでしょうか。Canバッチgood!という製品が缶バッチを自作して作ることが出来る会で値段もそんなに高くはないです。

この製品は3cmの大きさの缶バッチを作るマシーンでテンプレートの紙とシートを貼り付けてプレスして缶バッチを作るマシーンです。本格的なプレス機ではないため小さいサイズのみですし、たまに失敗してしまうことがありますがまあ、値段が値段ですので仕方が無いです。

本格的に自分で作ろうと思うのであれば缶バッジマシーンを並行輸入されたものを購入して自分で作るしかないのですが説明書が英語ですし、動画などで使い方を学ばないといけないため手間と時間もかかります。そうなるとお勧めの缶バッチの作り方は業者さんに委託するのがいい方法です。業者さんなら100個単位とかでも安い値段で引き受けてくれますし、自分でパソコンでデザインしたデータがあればすぐにプレスして缶バッチを作ってもらえますし、何より失敗がありません。しかも、防水加工や錆止めといった加工をしてくれる業者さんもあり値段もそんなに高くなく、100個単位でも作ってもらうだけなら100円もしないのですからね。

ちなみに本格的なプレス機を購入する際3万円はかかりますので委託したほうが個人的には安上がりだと思います。ちなみに凝った細工をしている缶バッチでも1個200円くらいで作ってもらえまして、例えばホログラムなんかでもそんなに値段は高くないです。

缶バッチ自体にマグネットをつけて冷蔵庫などに引っ付くようにしても値段は100個単位で200円もしないと思います。自分で作るのであれば最低でも缶バッチをプレスする機材に3万円強と印刷するプリンター缶バッチの材料を合わせて総額で6万円以上はかかると思います。

プリンターもインクジェットプリンターではシミになりますので専用のレーザープリンタを購入しないといけませんので、私、個人としては業者さんに作ってもらったほうがいいでしょうね。どうしても自分で作りたいという方やこれから缶バッチを作る商売をしたいのであれば自作することをお勧めします。ですが、商売として始めるのであれば缶バッチ製作業者はライバルが多くいますので覚悟は必要になりますが缶バッジマシンを買って作ってみるものいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA